テレビ

2つの電球の違い

電球

両者の特徴

水銀灯とLEDはどちら一般的に優れているといえるのだろうか、というと水銀灯って何だろうと思う人もいるだろう。一般に、この照明は体育館等の比較的大きい部屋などで使われることが多くとても明るいのが特徴である。また非常に値段が安く、手に入りやすいことから日本でも長くつかわれてきた。だがこの電球は名前の通り、中に多量の水銀が使われており、これが原因で処分の方法が非常に問題になっている。そのためか、各国でこれを規制する動きが出ており、2020年から適用される水銀条約等の影響で規模の縮小が見込まれている。対してLED多くの人が知っているように、長寿命でとても消費電力が少ないのが特徴です。しかし比較的高価で、なかなか手を出せないという面もある。

どちらが優れているのか

さて、水銀灯とLEDのそれぞれの特徴について見てきたが、両者にはそれぞれ優れた点があるようである。色々な面からそれぞれ見ていこう。まずは消費電力である。これは水銀灯は約400W、LEDは約100Wと実に4倍程の差が出ている。やはりこの面に関しては水銀灯は勝てない様である。また耐久寿命に関しても同じことが言える。こちらも水銀灯は約12000時間、LEDは約40000時間と大きく差を広げられている。これだけみると水銀灯には何もメリットがないように見えるが、これに関して一番の利点は、値段が安いことである。さらに少し前ではLEDの方が耐久寿命が長いというように書いたが、水銀灯には安定器というものがある。これを取り付けることで寿命が飛躍的に延び、LEDと同じ水準にまで上げることができるのだ。